大腸の内視鏡検査を受けることで

血便や腹痛、長引く下痢などの症状が続いてしまっているさいには、病気や何らかの原因ではないかとつきとめるためにと、大腸の検査をする必要があります。大腸の検査をする方法には、内視鏡を使って行うという方法があり、内視鏡という専用のカメラがついている器具を腸に直接入れて検査をするという方法があります。内視鏡検査とは、専用のカメラがついた器具を肛門から入れて、直腸から盲腸までの腸全体をモニターを見ながら検査していくので、腸の異変をすぐに確認することができ、がんからはポリープ、粘膜の変化などを見つけ出すことができるので、体調が悪かったりするかたは検査をすることによって、病気の早期発見をすることができ、早期発見をすることができればすぐに治療を始めることができ、症状が悪化する前に治療を行うことができるので、手遅れという最悪の場合を防ぐことができます。



大腸の異変をを確認できる内視鏡検査



大腸の検査を受ける方法には、内視鏡検査という方法があり、この検査を受けることで大腸がんやポリープ、腸炎などの症状の診断をすることができ、直接器具を使って診察を行うので気になる箇所を詳しく調べることができます。内視鏡の検査は、検査当日だけではなく、前日から準備する必要があり、前日から消化のよい物を食べるようにし、当日は、食事だけではなく飲み物を飲むことはできず、検査当日は下剤と大量の水を飲んでお腹の中をきれいにし、鎮静剤を注射するという検査を受けるためには、準備が大変となってしまいますが、内視鏡検査を受けることで腸全体の異変をすぐに知ることができるので、検査を受けるには準備が大変な検査となっていますが、定期的に検査を受けることで病気の早期発見をすることができるため、ある程度の年齢に達した方には定期的な検査がおすすめです。



内視鏡を使った大腸検査



健康診断で行われる検便で血液反応などの異常がみられた場合血便の再提出の他に内視鏡を使った大腸検査を勧める通知が手渡されます。内視鏡を使った大腸検査は大学病院や総合病院など大きな病院で受ける事ができますが、地域にある内科病院や胃腸科病院でも受ける事ができます。検査を受けるには必ず絶食をし、病院で薬を使って腸内に残っている便を出し切り腸内を空っぽの状態にしなくてはいけません。肛門から内視鏡を挿入しますが、全身の力を抜き力まないようにしなければスムーズに入っていきません。一度入ってしまえば後はどうという事はないのですが、初めての方だとどうしても挿入時に力んでしまい余計な時間がかかったり痛みを感じてしまう事もあります。カメラを使って直接腸内を見る事ができるので小さなポリープの発見をする事ができ、病院によってはその場でポリープの除去をする事もできます。