大腸の内視鏡の検査は良くなってる

大腸の内視鏡の検査は、最近はよくなってきてます。なので、まだ受けてもいいかなと感じます。ちょっと前までは、これをするための準備というのが大変で、絶食もしてすごくたくさんの水も飲んで、大腸を空っぽにする必要があります。そういう苦労があるので、なかなか受ける人が増えていかないという現実もあります。でも、これは受けておくほうがいいですね。ちょっとでも不安がある人は受けておくほうがいいです。この検査の中で、気になるところがあると、そのまま処置もできるので、いつもと様子がおかしいなと感じたなら受けておくのもいいのかもしれないです。昔よりも、事前の準備というのも大変でなくなってきているので、まだ受けやすくなってきています。今はチューブを通すもの以外の方法もあって、選ぶことができます。費用が違ってくるので、そこは良く考えて選ぶべきです。



大腸を内視鏡検査する前に飲むニフレック



食生活の欧米化に伴い、大腸がんが増加しています。年に一度は大腸を内視鏡で検査するのは大切です。検査の前は腸の中をからっぽにする必要があります。そのためにニフレックという水分を飲まなければいけません。たいてい2リットル飲む必要があります。これは容易なことではありません。これがたとえ好物のジュースやアルコールであっても2リットル飲むのは大変です。それが味のないものを大量飲むのですから、きついと思うかもしれません。そのためにできるだけ、腸の中を自力で空にするならそれほど飲む必要もありません。どうしてもつらいなら、看護師や医師に相談しましょう。また大腸を健康的に保つために発酵食品や野菜をしっかり摂りいれるようにすることは欠かせません。逆に加工物などの摂りすぎに注意しましょう。生の野菜や果物に含まれる酵素は消化吸収のための重要な要素です。



大腸の内視鏡検査を受ける時



大腸の内視鏡検査を受けるためには、前日からの準備が必要です。まず、前日の食事は消化に良いものを食べます。病院によっては、検査食の購入を求められることもあります。これは、検査のためにはお腹の中を空っぽの状態にしなればいけません。そのため、消化しやすい食事にして排泄しやすいようにします。そして、前日の晩には下剤を飲みます。大体、次の日の朝に薬が効くようになっています。朝を迎えるとさらに下剤を追加して飲みます。朝の座剤はさらに強いものなので、常にトイレに行きたい状態になります。そして、水分飲みが出るようになります。病院につくと排泄のチェックを受けます。状態が良ければ、いよいよ検査です。お尻には塗るタイプの麻酔を使ってくれますので、痛みなどはありません。このように準備をして、やっと検査を受ける事が出来ます。